知らないよ。

主にいろいろ感じたこと思ったことを書きます。

過去の話や日常話してます。詳しくは自己紹介に。最近ご飯作ったの載せてます。
みなさん情緒不安定な私となかよくしてくれありがとうございます。

夢を見た

私は昔からよく怖い夢を見るんですが、

その夢があまりにも恐ろしくて

現実と区別がつかないくらいになる時があるんです。

起きて夢だったのかと

夢だとしても現実だと思えず

周りを隅から隅まで見渡し

布団からなかなか出れなかったり。

実家にいたときはそんな怖い夢をほぼ毎日見ていたので

寝るのも怖く朝の日差しが出るまで夜更かしして寝てました。

朝だと見ないわけではないのですがね。💧

寝るのは体を休めるのに私の場合は寝ればねるほど疲れながら起きるんです。落ち着かなかったので寝るのも辛かったです。

夢にうなされ起きてああ、疲れた、、と言う感じで笑

まるで一仕事行ってきたような体と精神の疲れでした。


施設にいるときは周りの人の輪の中に入り安心を得ていました。



今はあまりなくなったんですが久しぶりに

やられました←



脅してきました。

夢でめちゃくちゃ怖い女性が幽霊が

私を後ろから左腕を掴み



「お前の過去を見せてやろうか思い出させてやろうか亅



と呪ってきました。

その会話の前に

わざわざ過去と現実を見るなら?とみたいなことを話されね。

私に選択させる気もなかったのだろう

すぐに左腕を掴み

私は心臓を掴まれた気分だった。

わざと嫌がる過去を思い出させようとした。

あえて選択もあるんだということを話しながら

その行動に出したんです。


目つぶっても頭にその怖い人が頭に直接怖い場面を見せるんですね。

もう眼球の裏側に精神的に進入されてる感じ。



私は嫌だ嫌だと

目の前にいる女の子の左腕をつかみ押し倒す形?でわたしが上で多い被さる感じ。後ろの怖い女性には背中を向け振り向かずその女の子に逃げていました。

女の子はあまり顔は見えなくて

漫画で書いたような真っ黒の人間型の形に女の子がおっきな瞳をパチクリして怯えていた姿に見えた。


急に腕を掴んだ私を振り払わず何もしようとせずただ

ビクビクして怯えていた。


その女の子の怯えた顔が見てすぐ取れたがそれどころではない自体に

私は怖いよとその子に後ろから迫り来る怖い人が脅してくるほど女の子の腕を掴む私の握力は強くなったんだ。

絵面は女の子と私は向かい合わせで

女の子←私←怖い人



夢が覚める頃には怖い人は現実だと手を離すか何か手放してくれた?んだけどね。

いつも夢最後に運がいいと救われる。


あの女の子

幼い私だったかな。

ビクビク怯えて手を振り払うこともできずに

逃げ場がないから

その場のことがすむまで何も言わず大人しく待つ。

私あの時あの子の腕にしがみついた



あの子怖かっただろうな。

私の後ろの怖い人には近づいてはいけない。

いや私も怖いだろうな。

大の大人が女の子に、助け求めるんだもん

受け止めきれないよ。

ごめんね。


いやあ現実におそろしいひとが近くにもういなくて良かったです。


ああ怖い(号泣)



怖い夢見たとき

周りに人がいないのはとても悲しい。


そうだよ私はにげてにげてにげてにげて

自分のために生きるために逃げてきたんだ。

忘れていた。

そうだった。

今は一人でもいい

一人でいい大丈夫私がいる大丈夫私がいると唱えてここまで来たんだ。

と久しぶりに見た夢に

思い出されました。

あの時の必死な気持ち。

嫌でも怖いよ!

思い出したのはいいけど

やはり怖いよ(´;ω;)


毛布掴んで泣くのだ

。゚(゚´Д`゚)゚。

私は静かに泣いて枕を濡らした。


(つω-`).。oO目が覚めた。

怖いわ!

2時間しか寝てない(´;ω;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。